« 福岡市薬院 「喫茶ルック」のナポリタンは38年間続いている正統派昭和のナポリタンです。 | トップページ | 豊前海一粒かきのカキ小屋「蓑島カキ直売所」で焼き牡蠣を堪能しました。 »

2014.02.10

ローストビーフの本場、ロンドンのSimpson’s in the Strand シンプソン・イン・ザ・ストランドでディナーを堪能

スポンサードリンク


イギリス・アイルランド旅行のサイトで新しくロンドンのローストビーフの高級レストラン シンプソン・イン・ザ・ストランドの記事を掲載しました。

ローストビーフについては、典型的な英国料理の一つです。

イギリスの家庭では、日曜日の昼食にサンデーローストとしてローストビーフを食べる習慣があります。

この時、ローストビーフを皆の皿に取り分けるのは、一家の長の仕事となっています。

また、日本でもローストビーフを食べる機会がありますが、だいたいホテルなどのバイキングが多いですね。

Dscf0421auto

しかし、肉自体や焼き方などはイギリスとあまり変わらないと思いますが、決定的に異なるのはローストビーフに添えられる食材や料理です。

まず、ホースラディッシュが挙げられます。

これは、ローストビーフにつけて食べる日本のワサビのようなものですが、セイヨウワサビとも言われています。

福岡のホテルやレストランでも、たまに出してくれるところがありますが、あまり見かけることはありません。

また、イギリスではローストビーフには、定番としてヨークシャー・プディングが付いてきます。

肉料理の添え物にプリン?と思われる方があるかもしれませんが、イギリスのプディングは種類が多く、必ずしもヨークシャー・プディングはプリンのようなものではありません。

むしろ、シュークリームのシューのカタマリのようなもので、ほとんど味もしません。

このヨークシャー。プディングを添えてローストビーフを提供してくれるホテルや店は、福岡にもほとんどありません。

さて、本場のローストビーフとはどんなものか、そしてこれらの付け合せとは?

詳しいことは。上記イギリスとアイルランドの旅行サイトにお越しください。

(参考画像)

ローストビーフ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

|

« 福岡市薬院 「喫茶ルック」のナポリタンは38年間続いている正統派昭和のナポリタンです。 | トップページ | 豊前海一粒かきのカキ小屋「蓑島カキ直売所」で焼き牡蠣を堪能しました。 »

03 グルメ・東京、大阪、福岡県外」カテゴリの記事

09-1 英国・イギリス」カテゴリの記事

コメント

Ryuさん、お早うございます。Junです。

Ryuさんのブログいつも拝見しています。

さて、イギリスのローストビーフのヨークシャー・プディングですが、あまり美味しいものではないので気づかない方が多いと思います。

英国の田舎の散策でしたら、イギリスにも湖水地方など良い所も多いのですが、コッツウォルズもおすすめします。

特に、昨年の夏に行ったアッパースローター、ローワースローターの村はオススメです。

できればB&Bや思い切ってマナーハウスホテルに泊まるのが良いと思います。

詳細は、私のイギリス・アイルランド旅行のサイトをご覧いただければ幸いです。

投稿: Jun | 2014.02.12 10:11

お久しぶりです。
英国は何度か行きましたが、確かにホースラディシュの下ろした物が添えられておりました。プディンは初めて知りました。一度英国の田舎を散策してみたいです。

投稿: Ryu | 2014.02.11 11:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/59104900

この記事へのトラックバック一覧です: ローストビーフの本場、ロンドンのSimpson’s in the Strand シンプソン・イン・ザ・ストランドでディナーを堪能:

« 福岡市薬院 「喫茶ルック」のナポリタンは38年間続いている正統派昭和のナポリタンです。 | トップページ | 豊前海一粒かきのカキ小屋「蓑島カキ直売所」で焼き牡蠣を堪能しました。 »