« イギリスの料理は本当に不味いのか? | トップページ | 世界最大級口コミサイトの「yelp」日本版が登場で「食べログ」は大丈夫? »

2014.04.07

イギリスの丘陵地帯、コッツウオルズのB&B(民宿)でアフタヌーンティーを楽しみました。

スポンサードリンク


イギリスにアフタヌーンティーという習慣があることはご存知でしょうか。

午後に紅茶と一緒に軽く食事をしたり、スコーンやサンドイッチなどをいただくことです。

日本でも、若い女性を中心におしゃれな喫茶店やホテルの喫茶ルームなどでも楽しむことができるようになりました。

イギリスでこのような習慣ができたのは、一つには女性向けの社交の場としとためです。

別の理由には、イギリスには一般的には夕食とされる時間帯の午後7時~9時は、劇場に出かけたりするために、夕食が10時以降になることから、その間のつなぎの軽食と言った側面があります。

このような理由ですから、もちろん庶民の話ではなく上流階級の習慣であると言えます。

しかし、庶民のリッチ化、上流階級の没落といったことから、イギリスでも割りと気楽にアフタヌーンティーが楽しめるようになっています。

加えて円高の日本人にとっては、かなり割安でアフタヌーンティーが楽しめるということから、ロンドンのアフタヌーンティーの名所、ブラウンズホテル、フォートナム・アンド・メイソンのティールームには大勢の日本人の方たちを見かけます。

私たちも、コッツウオルズのマナーハウスホテル、Lords of the Manorの前庭でアフタヌーンティーを楽しみました。

さて、コッツウオルズの小さな村、ブロードウェイの小さなB&B(Bed and Breakfast)の裏庭でもささやかなアフタヌーンティーをいただきました。

さて、そのアフタヌーンティーとは?

イギリス・アイルランド旅行のサイトで「Windrush Houseでアフタヌーンティー」によろしければお立ち寄りください。

Dscf0686sm

(参考画像)

アフタヌーンティーに関する書籍・本


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

|

« イギリスの料理は本当に不味いのか? | トップページ | 世界最大級口コミサイトの「yelp」日本版が登場で「食べログ」は大丈夫? »

02 グルメ・福岡市、北九州市、福岡県内」カテゴリの記事

09-1 英国・イギリス」カテゴリの記事

09-2 ホテル・宿」カテゴリの記事

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/59427534

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスの丘陵地帯、コッツウオルズのB&B(民宿)でアフタヌーンティーを楽しみました。:

« イギリスの料理は本当に不味いのか? | トップページ | 世界最大級口コミサイトの「yelp」日本版が登場で「食べログ」は大丈夫? »