« 自作ウッドデッキが老朽化したのでDIYで作りかえています。 | トップページ | 自作ウッドデッキに木材保護のために防腐塗料のキシラデコールを塗りました。 »

2014.04.14

文豪シェークスピアの生地、ストラトフォード・アポン・エイヴォンのパブでランチ

スポンサードリンク


イングランドのストラトフォード・アポン・エイヴォン Stratford-upon-Avonと言う街をごぞんじでしょうか。

記事タイトルですでにバレバレですが、イギリスが世界に誇る文豪、ウィリアム・シェイクスピアの生地として世界的にも有名な所です。

年間50万人の観光客が訪れており、イギリスでも有数の観光地と言っていいでしょう。

長い地名ですが、エイボン川のほとりにあるストラトフォードと言った意味があリます。

ストラトフォード・アポン・エイヴォン駅に着いたのは、2013年6月20日午後でしたが、コッツウオルズを周遊したレンタカーを返却するためでした。

その日の夕方には、予約していたナローボートに乗船の予定でしたので、レンタカーを返すと3時間ほど空いたので、ストラトフォードの街の観光がてらランチすることにしました。

建物の壁がハーフティンバーで美しい街並みをぶらぶら歩いて行くと、エイボン川のナローボートの船だまりのような場所があリ、たまたまそこにあったのがパブ・「Pen & Parchment」です。

P6180099sm
ストラトフォード・アポン・エイヴォンの街並

ここで、いわゆるパブランチにすることにしました。

パブランチとは、文字通りパブで昼食を取ることです。

イギリスの小さなパブでは、食事は出さず、ビールとツマミのポテトチップス、(この場合はカルビーのポテトチップスではなく、マクドナルドなどのフライドポテトのようなものです)位を提供するのが普通です。

Dscf0776auto

しかし、ある程度の大きさのパブになると、ランチなどの食事を提供することがあリ、この昼の食事をパブランチといいます。

パブランチのいいところは、パブはチェーン店ではなく、個人・家族経営であることから、ローカル色豊かな食材を使った料理がいただけることです。

特に地元の野菜、食肉、ハム・ソーセージなどを使います。

このことはB&Bの朝食も同じで、フル・イングリッシュブレックファストは一様に卵とベーコン、ハム、ソーセージを使っているようですが、実はその土地々のローカルの食材を使うことに意味があリます。

さて、イングランドのシェークスピの故郷の街のパブランチとはどんなものでしょうか?

イギリス・アイルランド旅行サイトの「ストラトフォード・アポン・エイヴォンでパブ・ランチ」の記事にお立ち寄りください。

参考画像

文豪シェークスピアの書籍・資料


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

|

« 自作ウッドデッキが老朽化したのでDIYで作りかえています。 | トップページ | 自作ウッドデッキに木材保護のために防腐塗料のキシラデコールを塗りました。 »

03 グルメ・東京、大阪、福岡県外」カテゴリの記事

09-1 英国・イギリス」カテゴリの記事

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/59467035

この記事へのトラックバック一覧です: 文豪シェークスピアの生地、ストラトフォード・アポン・エイヴォンのパブでランチ:

« 自作ウッドデッキが老朽化したのでDIYで作りかえています。 | トップページ | 自作ウッドデッキに木材保護のために防腐塗料のキシラデコールを塗りました。 »