« 福岡市 母の日のプレゼント・ギフト 2014 大丸福岡天神店 | トップページ | 福津市 ふくつの鯛茶づけフェア 2014 協賛店リストの紹介です。 »

2014.05.10

自作ウッドデッキ キシラデコール塗装後、床板下の基礎部分が組み上がりました。

スポンサードリンク


自作ウッドデッキ改修について、前回の記事ではゴールデンウィークくらいには完成させたいと言いましたが、まだできていません。

Dscf4594auto

ブログの記事作成などの合間、午後2時間位のペースで作業しているからです。

そこで、途中経過と言ってはなんですが、床面下の基礎部分を組み上げましたのでお知らせします。

また、これを機会にちょっとウッドデッキの構造とレベル(水平面)の出し方の説明をしておきます。

ウッドデッキは、実に簡単な構造で、地面の上に束柱(つかばしら)と言う柱を直立させ、その上に根太(ねだ)を水平にのせ、その根太に床板を張りこんでいくというものです。

Photo

上の図は、かなりシンプルな構造ですが、私のデッキでは「根がらみ」はありません。

私のウッドデッキでは、束石はコンクリート平板を敷いています。

根太は、ツーバイ材の2インチ×8インチを使用しています。

束柱ですが、ツーバイ材の2インチ×4インチで丸岡将晃氏のサンドイッチ工法により作っています。


丸岡将晃著 ウッドデッキを作る

イメージは、上のビデオをご覧になるとお分かりだと思いますが、束柱の途中で根太を挟みこむようにして支えています。

束柱は3つのパーツから出来ており、このパーツをボルトとナットで組み合わせます。

Dscf4542auto
丸岡式束柱

床板の継ぎ目で、2つの根太を平行に支えるために、ダブル方式の束柱も作りました。

この丸岡式束柱の大きな特徴は、床板のレベル(水平面)が容易にとれるようにアジャスターボルトを使用する点です。

Dscf4528auto
アジャスターボルト

上の図の簡単な束柱では、レベルを取ろうとすると精密に測って木材の長さを決める必要があり、1回切って、短い場合にはもうその材は使えません。

しかし、丸岡方式ではアジャスターボルトを束柱の底面に差し込み、途中のナットを回すことにより束柱の高さを自由に決めることができるので簡単です。

ただ、ツーバイ材で3つのバーツを作ったり、ボルト用の穴を開けたりするのでかなり面倒です。これが、丸岡方式の欠点といえば欠点です。

そこで、今回、ホームセンターで見つけた鋼製束を外から見えない部分には使用しています。

Dscf4647auto
鋼製束

これなら、工作の必要もないし、上下の調節も簡単です。

特に、私のウッドデッキの場合、畑に使用していた場所ですので地面が極端な凸凹になっており、それぞれの束柱の高さがすべて異なるために、丸岡式束柱や鋼製束は最良の方法です。

ただし、丸岡市束柱、鋼製束のどちらもネジで調節するのですが、ある場所を締めあげると別な場所がその分緩むことがあり、全体的なバランスを見ながら細かに調節することが大事です。

ちなみに、ウッドデッキはどこの床面をとっても水平になるように作ることが大事です。

そのために、基準となる水平線を決めると楽なのですが、私の場合ウッドデッキの最初の基準水平線は、掃き出し窓に接する床板の上面に設定しました。

下の写真でも掃出窓のところに一枚、床板が見えますが、あれが基準水平線を取っている板です。

Dscf4585auto

あとは、この基準水平線(床板)を見て、90cm長の水平器を見ながら、束柱のアジャスターボルトの上下を調節して根太のレベルを取りました。

根太のレベル(水平面)が出せれば、その上に乗る床面もレベルがとれていることになります。

基礎部分が組み上がりましたので、後は床板を張ったり、ラティスという格子板を付けたりすれば出来上がりますが、床板は四角ではない変形デッキのためのそのための加工が必要になります。

また、パーゴラという屋根の部分も風で波板パネルが吹き飛んでいますので、波板パネルを張る作業も残っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

|

« 福岡市 母の日のプレゼント・ギフト 2014 大丸福岡天神店 | トップページ | 福津市 ふくつの鯛茶づけフェア 2014 協賛店リストの紹介です。 »

12 DIY・日曜大工」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/59616734

この記事へのトラックバック一覧です: 自作ウッドデッキ キシラデコール塗装後、床板下の基礎部分が組み上がりました。:

« 福岡市 母の日のプレゼント・ギフト 2014 大丸福岡天神店 | トップページ | 福津市 ふくつの鯛茶づけフェア 2014 協賛店リストの紹介です。 »