« ヨットマンも必聴、6月13日金曜夜、23:00~タモリのオールナイトニッポンGOLDがKBCラジオであります。 | トップページ | タモリのオールナイトニッポンGOLD編を聴きました。 »

2014.06.13

夏休みに福岡・博多港発着の豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」の3泊4日のクルーズはいかが?

スポンサードリンク


最近、テレビで豪華客船のクルーズを特集する番組や広告が増えているとは思いませんか?

豪華客船のクルーズは高くない!

従来、豪華客船のクルーズ旅行は贅沢で、庶民の手の届かないものだと思われてきました。

しかし、時代は確実に変わりつつあります。

ジャンボジェット就航前の海外旅行は高嶺の花でしたが、今では海外旅行は特別なものではなくなりましたね。

クルーズも同様の展開になってきています。

これもやはりジャンボ機と一緒で、大型のクルーズ船が続々登場しているからです。

国土交通省の発表では、日本国内のクルーズ人口は、昨年は24万人ほどとなり年々増加しています。

しかし、世界規模のクルーズ市場では、年間2,033万人がクルーズを楽しんでおり、日本のクルーズ人口はその中でも1%にしかならず、日本の経済力に比べても非常に貧弱であり、今後急成長が期待される分野です。

今、クルーズは大衆化の時代を迎えています。

クルーズ船も、カジュアルクラスと呼ばれる低廉な船では、1泊70ドルから300ドルで利用でき、このクラスの船が全体の80%を占めています。

日本で発着しているクルーズ客船も1泊10,000円台が主流となりつつあります。

次のビデオで、日本発着の「ぱしふぃっくびいなす」のクルーズの様子をご覧ください。

 

クルーズの魅力

豪華客船によるクルーズ旅行の魅力のポイントは次のとおりです。

  • 船内はキャッシュレス。食事、ショーなどは旅行代金に含まれていてほとんど無料。
  • 寝ている間に目的地に到着。
  • 乗船から下船まで荷物を整理したり運ぶ必要なし。
  • 子供も大人も退屈しないエンターテインメント、ジャグジーなどの施設が満載。
  • 寄港地では、オプショナルツアーで観光を満喫。

夏休み、博多港発着の3泊4日のクルーズ

そうは言っても、横浜や神戸から発着するクルーズは、福岡から遠いし余計な旅費もかかりますのでなかなか手軽というわけには行きません。

そこで朗報です。

今度の夏休みに、博多港発着、そして土日、祝日を利用するので働いている方々にも乗船しやすいツアーがあります。

情報源は、6月11日に放送されたTNCテレビの「ももち浜ストア」です。

2
ぱしふぃっくびいなす Photo by mayuki

最大のポイントは、夏休み、しかも祝日利用なのでお父さんも一緒に行くことも可能で、ファミリーにも最適です。

なお、「ぱしふぃっくびいなす」は、大衆船であるカジュアルクラスではなく、中級船のプレミアムクラスであるため、1泊10,000円というわけにはいきませんが、それなりのゴージャス感があります。

ちなみに、私が昨年乗船した「飛鳥Ⅱ」もプレミアムクラスで、1泊2日のクルーズで5万円でした。

このクルーズに興味がある方は、ツアー名をクリックすると資料請求、空き室確認、予約などが行えます。

なお、このツアーのもっと詳細な情報は、「夏休みにファミリーで博多発着の豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」のクルーズはいかが。 「ももち浜ストア+」からでも見ることができます。

また、その他のぱしふぃっくびいなすのクルーズに関心がある方は、ぱしふぃっくびいなすのクルーズケジュール・予約をご覧ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

|

« ヨットマンも必聴、6月13日金曜夜、23:00~タモリのオールナイトニッポンGOLDがKBCラジオであります。 | トップページ | タモリのオールナイトニッポンGOLD編を聴きました。 »

09-3 海外・国内クルーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/59807561

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みに福岡・博多港発着の豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」の3泊4日のクルーズはいかが?:

« ヨットマンも必聴、6月13日金曜夜、23:00~タモリのオールナイトニッポンGOLDがKBCラジオであります。 | トップページ | タモリのオールナイトニッポンGOLD編を聴きました。 »