« 2014年 福岡市大手門 激安カニの直販店「大洋」は、飯塚市サンユーフーズの工場直送です。 | トップページ | メゾンカイザーのクロワッサン 美味しさの秘密は? 福岡市天神 大丸福岡店デパ地下  »

2014.11.23

プレジャーボート アルビン28で博多湾ルアー釣行 シーバスはノーバイト、サゴシとアラカブをゲット!

スポンサードリンク


11月上旬のある日、ヨット仲間のHさんから、プレジャーボートのアルビン28で博多湾に釣行しないかとのお誘いがありました。

Dscf5377sm

このアルビン28は、当ブログの記事、「プレジャーボートアルビン28で博多湾玄界島クルージングと志賀島キッチンしまで海鮮丼のランチ」でも紹介しました博多湾をクルージングした船です。

お披露目クルージングに参加した仲間にもお声がかかりましたが、所用のため乗船できたのは私一人でしたので、Hさんと二人での釣行となりました。

朝9時に漁港に集合し、港を出航しました。

天気は快晴、風は無風と絶好の釣り日和です。

今日の釣行は、ルアーと鯛ラバでシーバス、サゴシ(サワラ)鯛などを対象魚としました。

Hさんが、ある程度シーバス・ポイントの情報を得ていましたので、能古島、玄界島周辺をまわることにしました。

シーバスを求めてラン&ガン

まず、最初のポイントは能古島北の海域でしたが、魚探にベイトの影もなくノーバイトでした。

次に、能古島の象瀬に行きました。ここも、ノーベイト、ノーバイトでした。

次のポイントは、大原海岸の沖です。

ここでは、ポイントに近づくにつれ、魚探にもベイトの反応がではじめました。

先行船も1隻いて、さらにシーバス遊漁船も後から加わり、シーバスポイントとしても良さそうな雰囲気。

しかし、ここでもノーバイト。

ここまで私達が使用したルアーは、博多湾の定番シーバスルアーと言われているバイフレーションタイプのレンジバイブです。

玄界島沖の瀬で鯛ラバによるアラカブゲット!

シーバスをあきらめ、玄界島沖の瀬でHさんは鯛ラバ、私はジグに変更。


鯛ラバ イメージ

玄界島の周囲の漁船は、長い竿を両側に付き出してトローリング中です。

鯛ラバが功を奏して、Hさんにアラカブ(カサゴ)がヒット!!

Img_1741sm

しかし、その後は潮止まりのせいか反応がありません。

玄界島の柱島近くの磯に移りましたが、ここではベイトが視認できるほどでしたが、やはりノーバイト。

1時近くになりましたので、帰港することにしました。

サゴシ(サワラ)の巨大ナブラに遭遇

帰りの途中、志賀島沖くらいで船の前方でナブラが見えました。

盛んにサゴシが沸き立ち、ボイルしています。

急遽、船をナブラの横に止め、Hさんがジグを投げるとすぐに当たりがあったとのこと。


ジグ イメージ

その直後にサゴシがヒットしました。

Hさん初めてのルアーによる魚をゲットし、嬉しそうです。

私も、すかさずルアーをジグに付け替えて投げ込むと、これまたすぐにヒットしました。

iPhoneで撮影をしながらのやりとりですが、サゴシは強い力で底に向けて引き込んできます。

何とか、Hさんがタモですくってくれて船に引き上げました。

今まで、シーバス釣中にナブラに遭遇し、そのままレンジバイブを投げましたが、釣れたためしがありませんでした。

今回は、ルアーがジグだったので釣れたのではないかと思っています。

その後、ナブラが収まりましたので別のナブラを求めて船を走らせましたが、小規模なナブラばかりでノーバイトなので、そのまま帰港しました。

Img_1749sm

 

博多湾のボートシーバスフィッシングについて

ここで、博多湾のボートシーバスフィッシングについて少し解説。

博多湾は、基本的には水深約10mのシャローでフラットな地形です。

シーバスといえば、橋脚、岸壁などストラクチャー周りを釣るのが一般的ですが、博多湾では何もないオープンエリアでカタクチイワシなどのベイトを見つけて釣るというスタイルが主流です。

11月の頃には、博多湾のシーバスは、湾奥のストラクチャーよりもオープンエリアのベイトを求めて回遊していると言われています。

そこで、オープンエリアでは魚探(魚群探知機)でシーバスの餌となるベイトを見つけて釣るのが基本です。

イワシ、コノシロなどベイトの種類が分かれば、それに合わせたルアーを使います。

ルアーは、バイブレーションやブレードのついたルアーが良いと思います。

私も、今回ブレードつきルアーとして、コアマンのパワーブレードを使用しました。

コアマンのパワーブレード

一昔前は、博多湾定番ルアーはレンジバイブでしたが、ルアーの進化も激しいので必ずしも定番ではなくなっているかもしれません。

バイブレーションやブレードつきルアーは、いったん底を取って巻き上げます。タダ巻きが基本ですが、時々ストップしてフォールを入れたりするのもいいかもしれません。

オープンエリアのシーバスフィッシングは、ギリギリ12月いっぱいまでがシーズンで、その後はストラクチャーに付いているシーバスが釣りやすくなります。

なお、博多湾のシーバスの釣果状況については、姪浜のシーバスガイド風仁丸のサイトが非常に役立ちますのでご覧ください。

陸ッパリで、サッパリシーバスが釣れない方は、一度シーバスガイドのボートに乗られることをおすすめします。

私も、1年間釣れなかったのがいきなり90cmのシーバスが釣れました。

参考記事:やっとシーバスが釣れました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

|

« 2014年 福岡市大手門 激安カニの直販店「大洋」は、飯塚市サンユーフーズの工場直送です。 | トップページ | メゾンカイザーのクロワッサン 美味しさの秘密は? 福岡市天神 大丸福岡店デパ地下  »

05 釣・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/60698674

この記事へのトラックバック一覧です: プレジャーボート アルビン28で博多湾ルアー釣行 シーバスはノーバイト、サゴシとアラカブをゲット!:

« 2014年 福岡市大手門 激安カニの直販店「大洋」は、飯塚市サンユーフーズの工場直送です。 | トップページ | メゾンカイザーのクロワッサン 美味しさの秘密は? 福岡市天神 大丸福岡店デパ地下  »