« 今からゴールデンウィークに間に合います。福岡市民クルーズで豪華客船の格安クルーズ、4泊5日 95,040円~はいかが? | トップページ | 彦根城に来たら昼食・ランチは夢京橋キャッスルロードの「十割蕎麦もんぜんや」で »

2015.03.30

京都・伏見稲荷大社の昼食・ランチは祢ざめ家のうな丼ときつねうどんで

スポンサードリンク


3月の上旬、京都・奈良・滋賀に行く機会がありました。

そこで立ち寄った場所の1つが、伏見稲荷大社でした。

伏見稲荷は、京都市の伏見区にある神社です。

稲荷山の麓にあり、全国に約3万社もあると言われる稲荷神社の総本社です。

また、初詣の時には、2014年の数字では約270万人の人出があり、これは全国第5位、近畿圏では第1位の位置を占めています。

また、稲荷山にはいろんな人達から奉納された約1万本の鳥居があります。

Photo_2
伏見稲荷 Photo by Loïc Lagarde

この鳥居をくぐりながら、お山を歩いてみましたが、そこかしこに小さな祠のようなものがあり、これらを眺めてみると、それこそ何でもありの信仰のオンパレードで、これらの祠を見て回るのも意外と楽しいものです。

近年は、外国人観光客からもかなり人気があり、外国人の人気観光スポットのアンケートによると2014年には、広島平和記念資料館を抜いて1位となっています。

人気の理由には次のようなことが考えられるそうです。

  • 駅の近いところに赤い鳥居の並ぶ風景が見られ非常に日本的であること。
  • 拝観料が不要で閉門時間がないこと。
  • 稲荷山の山巡りで欧米人の好むウォーキングができること。

さて、伏見稲荷に着いた頃がちょうどランチ時でしたので、探してみると参道の近くに「祢ざめ家」と言うお店が目に付きました。

店の入口では、ウナギをさばいており、蒲焼の美味しそうな匂いが広がっています。

店内はかなり混んでいるようでしたが、ちょうど良く席が確保できました。

入り口のところのウナギも食べたいということで、きつねうどんとうな丼の祢ざめ家セットに伏見稲荷ですからいなりずしを1個注文しました。

Img_248sm8_2

セットでしたので、うな丼はちょっと小ぶりでしたが、寒い日でしたので温かいうどんと一緒にいただきました。

なお、「祢ざめ家」と言う面白い屋号ですが、名づけたのはあの豊臣秀吉だそうです。

秀吉公が、母の健康を祈願するため、早朝に伏見稲荷を訪れました。

休憩をしようとしましたが、早朝のため店が開いていなくて、同店だけが店を開けていたそうです。

ここでお茶を飲んだ秀吉は、大変喜び、店に「ねざめや」と言う名を与え、しかも「ね」の字には、妻の「祢々(ねね)」の「祢」を授けたそうです。

今から500年も前の昔の話です。

京都伏見稲荷『おくむら』の七味唐辛子


◯ 祢ざめ家

京都市伏見区深草御前町82
075-641-0802
10:00~18:00 (LO 17:30)
駐車場 なし



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  

|

« 今からゴールデンウィークに間に合います。福岡市民クルーズで豪華客船の格安クルーズ、4泊5日 95,040円~はいかが? | トップページ | 彦根城に来たら昼食・ランチは夢京橋キャッスルロードの「十割蕎麦もんぜんや」で »

03 グルメ・東京、大阪、福岡県外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/61357964

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・伏見稲荷大社の昼食・ランチは祢ざめ家のうな丼ときつねうどんで:

« 今からゴールデンウィークに間に合います。福岡市民クルーズで豪華客船の格安クルーズ、4泊5日 95,040円~はいかが? | トップページ | 彦根城に来たら昼食・ランチは夢京橋キャッスルロードの「十割蕎麦もんぜんや」で »