« 今夜、日本テレビ系列「秘密のケンミンショー」で福岡の「天ぷらひらお」が特集予定です | トップページ | いよいよあのNetflix(ネットフリックス)が日本で始まりました。人気のコンテンツは、ただ、マキが燃えるだけの「暖炉」・・・ »

2015.09.02

USB DAC コルグ KORG DS-DAC-100と再生ソフトAudioGate3ではじめる超高音質ハイレゾ・PCオーディオがこれ! 

スポンサードリンク


ハイレゾまたはPCオーディオという言葉を聞いたことがありますか?

オーディオフアンならば耳にしたことがあると思います。

ハイレゾとは、「ハイレゾリューション High Resolotion」の略で、高精細あるいは高密度という意味です。

大ざっぱに平たく言えばCD音源よりも超高音質の音楽を楽しむということです。

ちょっと技術的になりますが、CDは、44KHZ(キロヘルツ)・16bit(ビット)と言う規格で録音されています。

ハイレゾ録音では、例えば96KHZ(キロヘルツ)・24bit(ビット)、192khz・24bitとかなりの高精細な音楽となり、より原音に近いと言えます。

このような超高音質を楽しむためのオーディオシステムが、ハイレゾ、PCオーディオです。

PCオーディオですから、まず、パソコンが必要です。

iTunesに代表されるプレーヤーソフトで再生して、その再生音をアンプにつなぎ、スピーカーで聞いてもよいのですが、やってみるとわかりますがこの方法では音質はあまり良くありません。

スポンサードリンク

なぜならばパソコンの内部は、デジタルノイズの嵐ですし、そもそもオーディオ用に作られてていません。

そこで、パソコンとアンプの間に「USB DAC」と言う機器をかませます。

DACとは、デジタル・アナログ・コンバーターの略で、パソコン内のデジタル音源をUSBケーブルで取り入れ、ここでデジタル信号をアナログ信号に変換し、アンプに送り込みます。

パソコン内部とは異なり、オーディオ用に作られていますので、ノイズは乗りませんし高音質サウンドがここで作られるのです。

つまり、お手持ちのオーディオシステムのCDプレーヤーの代わりにパソコンとUSB-DACをアンプにつなげばいいのです。

私は、旅行に持っていくための超軽量ノートパソコンとコルグ社のDS-DAC-100を使用しています。


私のハイレゾ・PCオーディオのハード機材

ここで、わたしのPCオーディオシステムのハード面の全体を紹介しておきます。

種類 機器名 メーカー
USB-DAC DS-DAC-100 コルグ KORG
パソコン LAVIE Z LZ750/LS NEC
オーディオ用USBケーブル ネオ オヤイデUSBケーブル オヤイデ
プリメインアンプ DENON PMA-1500RE デノン
スピーカー LS50 KEF
スピーカー・スタンド TAOC WST-C60HB タオック

ハイレゾ・PCオーディオを始めようとして、最初に購入しなければならないのは、USB-DACですが、KORG DS-DAC-100だと30,000円位です。


USB-DAC コルグ KORG DS-DAC-100

もちろん、これよりも高価なUSB-DACはいっぱいありますが、初心者用としてはこれくらいでも十分ですし、事実私も大変満足しています。


私のハイレゾ・PCオーディオのソフト

パソコンでオーディオをするのですから、当然、ソフトが必要になります。

まず、再生・プレーヤーソフトですが、iTunesが頭に浮かびますね。

多くのパソコンでインストールされている定番のMusicソフトです。

私も、インストールしていてiPhoneやiPadで楽しんでいます。

しかし、iTunesは、いわゆるハイレゾ音源には対応していませんので、別なソフトが必要になります。

Windows用では、foobar2000が定番の無料ソフトです。

私は、コルグのDS-DAC-100を購入しましたが、これには「AudioGate3」と言う再生ソフトが付いて来ましたのでこれを使用しています。

単独で購入すると20,000円位しますので、KORG DS-DAC-100を30,000円で購入でき、このソフトが無料で付いてきますので、かなりお得になります。


CD以上の音源について

次に音源のことです。

CDより高音質のソフトですから、どこで購入するかですが、ほとんどダウンロードで購入します。

ビデオの中で紹介しているペドロ&カプリシャスの「ジョニーへの伝言」もアルバムをダウンロードで入手しました。

ダウンロードサイトは、「HQM STORE}からしました。

192khz・24bit FLACと高音質規格ですが、CDよりも高めで3,000円近くもします。

ちなみに国内の人気4大配信サイトは次の通りです。

ハイレゾオーディオを満喫するには、やはり高音質規格の音源をダウンロードするのが良いのですが、やはり高いものは高い。

そこで、月1回程度でダウンロードすることにして、あとは手持ちのCDをリッピングしています。

リッピングとは、CDの音源を再生ソフトに取り込むことです。

リッピングの仕方によっては、CD以上の高音質になりますし、とりあえずはこの方法をおすすめします。

そのためには、私はリッピングソフトの「dBpoweramp」を使用しています。

シェアソフトですので、無料で試してみて気に入ったら3,000円位をクレジットで振り込みます。

dBpowerampでCDから取り込み、AudioGate3で再生すると、CDに負けないというかもっと良い音で再生されているような気がします。

また、私はiTunesに保存している楽曲をAudioGate3に読み込んで聞いていますが、これがまたiTunesとは段違いな音の良さです。

オーディオ評論家のどなたが書いていたと思いますが、ハイレゾオーディオは安いが、性能は数百万円クラスのCDプレイヤーを購入したようなものだ」と。

まさに、この言葉はあんまり間違っていないような気がします。と言っても数百万円のCDプレイヤーの音を聞いたことがありませんが・・・

種類 ソフト名 メーカー 備考
再生ソフト AudioGate3 コルグ KORG コルグ製品に付属
リッピングソフト dBpoweramp dBpoweramp シェアソフト

ハイレゾ・PCオーディオは、手持ちのオーディオシステムを安価にかなりの音質アップが可能です。

ただし、ある程度のパソコン・インターネットの知識は必要ですが、情報はネット上にあふれており、加えて参考にする本を購入してじっくりやればそう難しいことではないと思います。

ちなみに、今回、私がハイレゾ・PCオーディオ構築の参考としたのは次の本です。

特選街 特別編集PCオーディオで楽々始める!ハイレゾ超丸わかりガイド」です。

分かりやすく、参考になりましたのでおすすめです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

|

« 今夜、日本テレビ系列「秘密のケンミンショー」で福岡の「天ぷらひらお」が特集予定です | トップページ | いよいよあのNetflix(ネットフリックス)が日本で始まりました。人気のコンテンツは、ただ、マキが燃えるだけの「暖炉」・・・ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52841/62205846

この記事へのトラックバック一覧です: USB DAC コルグ KORG DS-DAC-100と再生ソフトAudioGate3ではじめる超高音質ハイレゾ・PCオーディオがこれ! :

« 今夜、日本テレビ系列「秘密のケンミンショー」で福岡の「天ぷらひらお」が特集予定です | トップページ | いよいよあのNetflix(ネットフリックス)が日本で始まりました。人気のコンテンツは、ただ、マキが燃えるだけの「暖炉」・・・ »