« 2017年4月 | トップページ

2017.05.22

RINGO 福岡市天神地下街にアップルパイ専門店がオープン 札幌「きのとや」のスイーツです。

スポンサードリンク


福岡市天神地下街にカスタードアップルパイ専門店のRINGOが2017年5月22日にオープンします。

オープンと同時に行列必至の店と思われます。

なぜならば、天神地下街で長い行列ができている焼き立てチーズタルト「BAKE CHEESE TART」と同じ株式会社「BAKE]の店だからです。

まずは、RINGOを紹介する動画をご覧ください。

動画で紹介されていますように、このアップルパイは、北海道札幌にある「きのとや」のアップルパイです。

「きのとや」は、北海道内で店舗展開をしていますが、東京にある「BAKE」がこのアップルパイをバージョンアップして東京を皮切りに全国展開しているものです。

26326417154_7da5990166_z

天神地下街にある焼き立てチーズタルトの「BAKE」と同じやり方です。

そういうことから、「BAKE」と同じように長い行列ができるのがお分かりだと思います。


RINGOのカスタードアップルパイについて

カスタードアップルパイは、カスタードクリームが入っているのが普通のアップルパイと異なる点です。

カスタードクリームは、シュークリームにも入っていますね。

アップルパイのリンゴの酸っぱ味をカスタードクリームで和らげて美味しくなります。

カスタードクリームの入れ方ですが、まず、アップルパイを焼いて、それからカスタードクリームをパイの中に入れて、サイドアップルパイを焼くと凝った作り方をしています。

食材にもこだわっています。

カスタードクリームには、北海道産の発酵乳、パイ生地にはサクサク感が出るオリジナルブレンドの小麦粉、北海道産のフレッシュバターを使用しています。

肝心のパイの中に入っているリンゴは、青森県産の「葉とらずりんご」で、香り図書館が良いように2cm角のキューブにカットされています。

気になる価格は、1個370円、4個で1,400円で税抜です。

天神地下街の店でも、例によって1人4個までの限定販売です。


きのとやのスイーツについて

きのとやは、北海道札幌にあるスイーツショップで、BAKEの焼き立てチーズタルト、Ringoのカスタードアップルパイのお店です。

残念ながら、焼き立てチーズタルトやカスタードアップルは生物ですから、お店でないと買えませんが、チーズスフレやミルククッキーなどの人気スイーツは楽天などでも購入できます。

きのとや チーズスフレ 4個入

きのとやのスイーツ一覧

◯ 焼き立てカスタードアップルパイ専門店 RINGO

福岡市中央区天神2丁目天神地下街西4番街
9:00 - 21:00

スポンサードリンク

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.18

Expected Inn 福岡市博多駅前にハリーポッター風のホテルが登場!

スポンサードリンク


映画、「ハリーポッター」シリーズは、大人気ですね。

大阪にあるUSJ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでも「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」は連日、ハリーポッターファンが詰めかけています。

USJやロンドンのハリーポッタースタジオに行かなくても、少しだけハリーポッターの雰囲気が楽しめる宿泊施設ができました。

福岡市内に本社があるリクリエ社が5月17日に「Expected Inn」をオープンしました。

場所は、博多駅から歩いて約10分位です。

リクエリ社では、一言もハリーポッターと関係するとは言ってはいませんが、どうみてもハリーポッター映画に出てくる「魔法学校」を強く意識したコンセプトでデザインされています。

つまり、Expected Innに泊まるだけで、ハリーポッターの映画の雰囲気に浸れるというわけです。

レンガや大理石風の壁、シャンデリアや絵画、カゴの中のフクロウなどで、ハリーポッター風の演出がいたるところにされており、非現実の世界感覚満点です。

オープンしたばかりなので、情報が取れていないので、もし宿泊予約される場合には、部屋がハリーポッター風になっているかどうか確認したほうが良いと思います。

ホテル予約会社 Booking.com の情報では、ベッドルームは3部屋になっています。

なお、EXpected Innで、Innの意味はイギリスでは民宿のような小さなホテルのことです。

Expected Inn とは、「期待を裏切らないような民宿」といったところでしょうか。

Expected Innの予約はBooking.comで

◯ Expected Inn

福岡市博多区博多駅前4-24-3

スポンサードリンク

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.01

福岡市大名 ニクゼン NIKUZEN ランチのステーキ丼で行列の店で焼肉

スポンサードリンク


先日、土曜日のランチ時に赤坂の交差点から国体道路を渡って北の方に歩いていたら、ただならぬ行列に出くわしました。

全く行列など予想していなかったので、何事かと思い行列の先を確かめてみると、「江戸切りそば ゆで太郎」と言う蕎麦屋さん。

普通の蕎麦屋さんで、とても行列ができるような感じではなかったので、よくよく見てみるとそのビルの2階に通じる階段から行列ができていました。

階段の横には、「ニクゼン ランチ ステーキ丼」の大きな看板が出ていました。

ははあ、この行列はこのステーキ丼目当てだなと分かりました。

確かに、その看板には、ステーキ丼レギュラー 肉150g 850円、特盛 肉300g ご飯700g 1キロ 1,200円と書いてあります。

肉の質はともかく、ステーキ丼が1キロで1200円ならバカ安ですね。

ちょうどランチ時だし、食べてもいいかなと思いましたが、この行列の長さでは時間がかかりすぎると思い断念しました。

別な日に、天神界隈で夕食を取ることになり、先日のランチのステーキ丼を食べようということでニクゼンに出掛けました。

夕方5時に開店でしたが、ちょうどその時間にいきましたら、行列は皆無。

チョット嫌な感じがしましたが、そのまま入店し、注文にステーキ丼をと言いましたら、あれはランチメニューでありませんとのこと。

このまま店を出るのもということで、焼肉の「中落ちカルビ」と「丸腸」を注文しました。

中落ちカルビは、本日のサービスメニューということで、1人前が半額くらいの330円でした。

これにご飯を付けてしめて1,300円位ですから悪くはありません。

肉の量は少なめですが、肉質、味、タレの味全て良好で美味しくいただきました。

次回は、ステーキ丼に挑戦しようと思っています。

参考までに、YouTubeの動画を貼っておきますので参考にしてください。

◯ ニクゼン大名店

福岡市中央区大名2丁目12-17 大名クレッシェンド2階
092-732-0022
11:30~14:00 LO13:45
17;00~23:00 LO22:30
店休日 毎週火曜日

スポンサードリンク

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ