« 懐かしの定演の演奏をお楽しみください | トップページ | 西南大学と西新の航空写真 »

2006年9月 2日 (土)

「ブログ 河鹿のページ」、何人くらい見ているのかな?

Kajikablogmonthsyukusyoumo_1  9月になりました。皆さん、お元気でお過ごしでしょうか。福岡も、朝夕は過ごしやすくだんだんなってきています。

 さて、この「ブログ 河鹿のページ」は、「ココログ」と言うブログサービスを使用して運営しています。先般、このココログでは、アクセス状況を解析出来る機能が大変強化されました。

 この解析機能を使って、「河鹿のページ」の利用状況をお伝えします。なお、右側にいくつかグラフの画像が小さく縮小して掲載していますが、このグラフにカーソルを当ててクリックすると拡大して見やすくなります。

 まず、何人くらいの方がこの「河鹿のページ」をご覧いただいているかですが、8月3日から9月1日までの約1ヶ月で、132人の訪問者がありました。平均すると、1日あたり4人になります。一番多い日が、8月9日で、この日は9人の方にご覧いただいています。最低でも二人の方にご覧いただいていて、全くゼロの日はありませんでした。

Kajikayoubi2_1 なお、アクセス推移の表には、訪問者数とアクセス数がありますが、一人の訪問者が一つの記事だけを見た場合は、アクセス数1、「最近の記事」や「バックナンバー」などからクリックして他の記事を見るたびにアクセス数が上がっていきます。

 ブログでは、一つの記事がそれぞれ固有のアドレスを持っておりアクセス数がカウントできる構造になっているのです。

Kajikablogaccesssource3

 次に、曜日別の利用状況ですが、土曜日だけが二人で、後は日曜から金曜日まで平均3人の利用があっています。あまりに、曜日の利用状況がばらついていないのが驚きです。

 ココログの解析機能では、リンク元も分かります。どういうことかというと、「河鹿のページ」に、どこからきているかです。普通のホームページでは、yahooや等の検索エンジンに検索語を入力し、表示されたホームページのリストから良さそうなホームページをクリックしてたどり着きます。このたどり着く前の検索エンジンはどこの検索エンジンであるか分かる機能です。

Kajikablogossyukusyoumoji

 「河鹿のページ」では、アクセスしてくる方が河鹿の仲間なので、96.5%、ほとんど自分のパソコンのお気に入り、すなわちブックマークをクリックしてアクセスしてきます。サイト内からの3.2%は、おそらく私が、自分のサイト「Jun's my Taste」からアクセスしたものと考えられます。また、「http://6240.teacup.com/junsan/bbs」の1件は、「河鹿の掲示板」からアクセスしてきたもので、これも私がアクセスしたものと思います。

Kajikablogbruzasyukusyoumo

 これはおまけの話題なのですが、アクセス解析には、ブログ読者のパソコンのOS、つまりWindowsのバージョンまで分かります。これを集計してみると、「河鹿のページの」読者の82.7%が、WindowsXPです。最新のパソコンをかなりの方が使っています。後の残りがWindows2000やMe、面白いことにアップル社のMacを使っている方も少数ですがいらっしやいます。

 これまた、おまけのおまけですが、読者が使用しているブラウザつまりインターネットを使うためのInternetExplorerのバージョンも分かります。WindowsXPの使用が多いことから、InternetExplorer6.0、最新のバージョンを75%近くの人が利用しています。

Firefoxと言うブラウザは、ちょっとマニアックなブラウザですが、このブラウザを私が使用しています。Firefoxのバージョンアップを私はしましたが、このことも記録されているようです。

 以上で、「河鹿のページ」の利用状況をアクセス解析機能を使用して説明しました。アクセス機能は、もっと詳細なデータがあるのですが、あまり話しても面白いものではありませんので省略します。

 ただ、このアクセス機能を利用して感じることは、インターネットを利用している時には、プロバイダやブログサービス会社に膨大で詳細な個人情報が蓄積されていることです。例えば、私が何時、どんな検索語でどんな検索エンジンを使用し、どんなサイトのどのページを何時から何時まで見たなどの情報が蓄積されているのです。

 ココログのアクセス機能は、このような情報の一部をココログユーザーに開放しているだけなのです。ココログのアクセス機能を見ているだけでも、この個人情報の蓄積のすさまじさには慄然とする思いがあります。

 中国やその他のインターネット情報に政府や情報機関の監視がされているような国では、インターネットの検閲も厳しいようですが、「自由」や「デモ」などの単語にフィルターをかけて抽出し、誰が発信したのか特定するようなことはいとも簡単にできるように思われます。

 ココログの解析機能を利用しながら、そんなことも考えてしまいました。

|

« 懐かしの定演の演奏をお楽しみください | トップページ | 西南大学と西新の航空写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ブログ 河鹿のページ」、何人くらい見ているのかな?:

« 懐かしの定演の演奏をお楽しみください | トップページ | 西南大学と西新の航空写真 »